2012年02月26日

メンタルヘルス予防

メンタルヘルスは、特殊な人の問題でるという誤解があります。すべての人がメンタルヘルス不全になる可能性がる事をまず以って知っておくべきと思います。世界的大きな課題としてWHOの報告では、うつ病が4位にランクされそのうち勤労者層が2位といわれています。
日本でもサラリーマンの10人に1人が、うつ病の兆候があるともいう専門かもいるようです。
職場においては、特定個人のアプローチや選別という発想ではなく、むしろ職場環境改善、時にコミュニケーションや、管理監督社が部下の健康管理に配慮することで対処しなければなりません。「原点は雑多多種のストレスから来る病気だと言うことです」
従って職場では、「職場の心の健康づくり」をテーマに会社全体で方針を表明し、職場での重要な活動として周知します。さらにっ職場の健康づくりに対して管理監督社、従業員を含めた全員で取り組むことが大切に思います。「病気ですから治ります」原点です。
私のところでは、産業医として専門化と契約して、講演を何回か開催し全員に「気づき」の場を作りました。さらに管理職全員にメンタルヘルスケアの勉強と試験を受けさせました。「リスナーづくり」
これは、全員でまずは、リスナーとして早めの「気づき」が大切という考えたからです。たとえば、「遅刻や突然の休みが多くなった」「寝不足ということが目立ってきた。「対人関係が悪くなってきた」などなど「気づき」の兆候はたくさんあります。
早めに気づいて必要により産業医に相談を促し、その結果をフォローしていくことが経験からも大切に感じます。
メンタルヘルス不全も病気の一種ですから早めの対処が良いのです。それでも相談ができない人も職場ではいらっしゃいます。
そこで外部のメンタルヘルスサービス会社と契約すれば安価で手軽に機密を守り、万全で安心して対応してくれる会社がありますので
会社としても契約をしておくことも有効化と思います。私はこんなことを進めて、大幅にメンたるヘルスヘルス不全が減りました。
参考になれば幸いです。
posted by ねずみ at 07:55| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営コンサルタント、カウンセラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。